しあわせを守る家づくり

  • 温故知新の家づくり
  • 十人十色の家づくり
  • しあわせを守る家づくり
HOME

地域の便利屋さんに徹したいという思い

"ポチの家からビルディングまで"。三好建設の理念をこめたキャッチフレーズです。実際にポチの家も造りましたし、大きなビルも建設しました。現在でもご要望があれば、すぐにでもお応えする体制はできています。このキャッチフレーズに込めたのは、「地域のみなさまの便利屋さんでありたい」という願い。潮騒が響くこの地で生まれ、地域の鎮守を建てさせてもらい、地域の催し物などをともに楽しんできた工務店だからこそ、建物に関することでお役に立てるのであれば、どんなことでもしたいというのが、嘘偽りのない私たちの本心なのです。

地元には私の祖父や父が建てた家がたくさんあります。その数およそ400棟。30年を経た建物でもほとんどガタがきておらず、すっくと建っている姿を見るたびに誇らしい気持ちでいっぱいになります。家そのものは頑丈でも、ご家族のライフスタイルの変化や、設備類の経年劣化に伴ってリフォームの依頼も増えてきました。私たちが建てさせていただいた家で末永く幸せに暮らしていただけるよう、社員一同、気持ちを一つにして取り組みたいと思っています。

格調高い入母屋造のT様邸

30年経って、この家の真価がますます発揮されてきました。

三好建設さんとのおつきあいは、古い家を現社長のおじいさんにリフォームしてもらったのが始まりです。その後、今度はお父さんに建替えを依頼し、立派な普請をしてもらいました。それから30年以上になりますが、どこも悪くなっていません。障子やふすまもすっと開くし使い勝手も非常にいい。当時から本格的な家をつくるなら三好建設という定評はありましたが、噂にたがわない素晴らしい仕事だということの、この家は動かぬ証人ですよ(笑)。家の本当の値打ちが30年経ってわかるのですから、すごい仕事ですよね。 三代目となられた社長がいつも気にかけて、ちょくちょく覗いてくれるのがまた嬉しいんです。細かい仕事も気安くしてくれるしね。いつでもいいですと言っても、すぐに飛んできてくれるので家に関しては何の悩みもなく、安心して暮らしています。

玄関床を備えた気品ある玄関には、華道師範であるご主人の活花。

しあわせはいつも自分の心が決める

何がしあわせで何が不幸かは、すべて自分の心が決めること―相田みつをさんのこの言葉が私は大好きです。要は心の持ちようということなのでしょうが、私自身はその心の持ちように大きな影響を与えるのが住空間ではないかと思うのです。

建てたばかりの真新しい家が、家族とともに歳月を重ねるほどに味わいを増し、着慣れた衣服のようになくてはならない存在になっていく・・・そんな空間の中でこそ、人は心を開放し、素直で前向きな気持ちになれるのではないでしょうか。少し大げさかもしれませんが、私は家というものの存在の大きさを信じて、これからもますます精進していきたいと思っています。

三好建設の家づくり
  • 温故知新の家づくり
  • 十人十色の家づくり
  • しあわせを守る家づくり
HOME
  • お気軽にお問い合わせください。
  • お問い合せ
  • 資料請求
  • リンク集
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー